他の家具と組み合わせにくい

ローソファーは使用する人によって合わないと感じるケースがあります。ローソファーのデメリットの一つは、他の家具と組み合わせにくいということです。高さがあるテーブルやテレビ台などを使用している場合、ローソファーに座ったときに目線の高さが合わないのです。背の高い家具を使用しているなら、ローソファーの高さに合わせて他の家具も低めのものに買い揃える必要があるでしょう。特にテーブルは普通のソファの高さに合わせて作られることが多いため、ローソファーに合うものを見つけるのは難しいかもしれません。自分のソファーに合うテーブルが見つからない場合は、ソファーの前にテーブルを置かずにサイドテーブルを利用するのも良いでしょう。

ソファー周りが掃除しにくい

ソファー周りが掃除しにくいという点もローソファーのデメリットといえます。ほとんどのローソファーは脚が付いていないことが多く、ソファーの下を掃除するのが大変です。床とソファーが密着しているタイプの場合は、ソファーを1度動かしてから掃除する必要があります。ソファーを動かす頻度が多くなると、床に傷をつけてしまう可能性も高くなるでしょう。床を傷つけたくない場合は、ローソファーの裏に家具用フェルトなどを貼るといった工夫をするのがおすすめです。また床とソファーに隙間ができるローソファーなら、フロアワイパーなどを使って掃除することが可能です。手軽に掃除したいなら、脚付きで少し高さのあるローソファーを選ぶようにしましょう。

座面が低く床に近いローソファーのうち、脚がなく床に直接置くものをフロアソファーと呼びます。座椅子に近い使い方ですが、座椅子よりもクッションや背もたれに厚みがあるのが特徴です。